MUSIC ライブレポ

【清水翔太/ライブレポ】SHOTA SHIMIZU LIVE TOUR 2019@Zepp Sapporo【セットリスト(セトリ)】

f:id:sennoseni:20190907045451j:image


SHOTA SHIMIZU LIVE TOUR2019が待望のDVD化決定!

これからご覧いただくライブレポのツアーがDVD化決定です!

購入特典などもありますので気になる方は是非チェックしてみてください。

お店ごとに特典が違いますので、以下の記事でわかりやすくまとめてみました。

【清水翔太】新曲「416」はどんな曲?ライブDVD「SHOTA SHIMIZU LIVE TOUR 2019」が3/25発売

2019年の夏にリリースした配信シングル「Breath Again」以来となる、待望の新曲のリリースが決定! タイトルは「416」。 配信限定で2020年4月15日にリリースです。 さて、いったいどん ...

続きを見る


 SHOTA SHIMIZU LIVE TOUR 2019 スケジュール

ツアー日程

2019年9月2日(月) 大阪@Zepp Namba
2019年9月3日(火)大阪@Zepp Namba
2019年9月6日(金)北海道@Zepp Sapporo
2019年9月10日(火)愛知@Zepp Nagoya
2019年9月17日(火)東京@Zepp Tokyo
2019年9月18日(水)東京@Zepp Tokyo
2019年9月26日(木) 福岡@Zepp Fukuoka
2019年9月27日(金)福岡@Zepp Fukuoka
2019年9月30日(月) 鹿児島@鹿児島市民文化ホール第一
2019年10月7日(月)神奈川@神奈川県民ホール 大ホール
2019年10月12日(土)岐阜@岐阜市民会館
2019年10月25日(金)石川@本多の森ホール
2019年11月1日(金) 福島@けんしん郡山文化センター
2019年11月4日(月祝)広島@広島文化学園HBGホール
2019年11月5日(火)岡山@倉敷市民会館

2019年11月8日(金)福岡@福岡サンパレス 【追加公演】

2019年11月9日(土)福岡@福岡サンパレス 【追加公演】

2019年11月17日(日)愛媛@松山市民会館
2019年11月23日(土)三重@桑名市民会館
2019年11月24日(日)静岡@静岡市民文化会館 大ホール
2019年11月29日(金)宮城@仙台サンプラザホール
2019年11月30日(土)岩手@岩手県民会館

 2019年12月15日(日)大阪@大阪城ホール【追加公演】

2019年12月17日(火)東京@東京国際フォーラムホールA 【追加公演】

2019年12月18日(水)東京@東京国際フォーラムホールA 

【追加公演

今回のツアーの日程はこんな感じです。

追加公演の発表もあり、今年は東京国際フォーラムでの2daysがツアーラストになります。

地元・大阪城ホールでの公演は毎年の恒例となりましたね。

札幌公演はやっぱりいつも通り1年に1回しかないんですよね。。九州みたいに北海道の公演も増やしてほしいです。

 2019年リリースの最新楽曲と昨年のライブ映像を要チェック!

毎年1年に1枚のペースでコンスタントにアルバムのリリースをしていますが、今年は残念ながらツアー開催に間に合わないということでアルバムツアーという形では無いものになります。

その代わり、2019年にリリースされた2作の配信シングルはライブでも披露間違いなし!

また、昨年のライブツアー作品「LIVE TOUR 2018 "WHITE"」の映像作品もリリースされています。

最新アルバム「WHITE」の収録曲を中心に、人気曲「My Boo」のオーディエンスの合唱やまさに夏の終わりに聴きたくなる名曲「ナツノオワリ」の披露など、見どころたくさんの作品です。

それぞれマストで要チェックしておきましょう~!

●Sorry(2019.06.26リリース)


清水翔太 『Sorry』Music Video

 

●Breathe Again(2019.8.21リリース)


清水翔太 『Breathe Again』Music Video

 

 2019.09.06 札幌公演ライブレポート

金曜夜。仕事終わりに中島公園駅まで地下鉄へ向かい、18時過ぎに会場に到着。

外は生憎の雨。

Zepp Sapporoといえば、いつもおなじみの整列待機場所がありますが(立体駐車場の向かいの歩道部分)、何故か今日は事前に場所の変更アナウンスが出ており、いつも並んでいる場所とは違う場所(方角的には正面入り口から西側に列が伸びているイメージ)になっていました。

私が着いた時にはすでに開場しており、正面入り口にはそこそこ人だかりが。

入場し、目立つスペースでツアーのライブ開場ではおなじみになっている、会場限定の「SPECIAL抽選会」のブースがありました。

ファンクラブ会員「S.S FAMILY」のメンバー、携帯サイト「清水翔太MOBILE」の有料会員のメンバーの人限定でくじを引くことができます。

その場で会員登録をした人もくじに参加することが出来ます。

ちなみに両方の会員の方は2回引ける訳ですね。

気になる景品はこんな感じです。

くじ景品一覧

S賞:ミート&グリート(zepp公演のみ)

A賞:オリジナルアクリルキーホルダー

B賞:オリジナル缶バッジ

C賞:オリジナルポストカード

参加賞:待受け画像

うーん、これはなんとしてもミーグリを当てたい!

という一心でとりあえず携帯サイト会員に登録。

毎年チケットを取るタイミングと、ライブ会場でこのくじを引くときだけ会員になってます。すみません(汗)

senno
今年に入ってから[ALEXANDROS]とNICO Touch the Wallsと2度もライブでミーグリを当てている謎の強運続きなので、なんとなく当たる気しかありませんでしたが・・・

見事に外れました。

が、A賞のキーホルダーが当選!!

senno
A賞当選は結構いいんじゃない?

スタッフのお姉さんが短く当選の鐘を鳴らしてくれました。

そんなライブ前の一つの楽しみを終え、会場内へ。

どうやらSOLD OUTしていないようでしたが会場は結構パンパンになっていました。

仕事終わりで遅れての入場でしたが真ん中くらいのいい感じのところに入り込み、遅れてきた割にはまぁまぁ見やすい場所でした。

19時ちょっと過ぎにバンドメンバーがステージに入場。

その後翔太君が現れ、開演となりました。

以下、セットリストのネタバレがあります。

これから参戦予定の方でセットリストを見たくない方は注意してください。

 <セットリスト>

セットリスト

1.Sorry Not Sorry
2.Good Conversation
3.Friday
4.You & I
5.ナツノオワリ
6.alone
7.Sorry

~ピアノコーナー~
8.your song
9.君が暮らす街
10.花束のかわりにメロディーを

~リクエストカバーコーナー~

・Song for.../HY  

・片方の未来/TEE

・I LOVE YOU/尾崎豊 など

11.ANIMAL
12.君が好き
13.Because of you
14.Breathe Again
15.My Boo
16.シンガーソングライターの唄

 

<アンコール>

17.マダオワラナイ
18.Good Life

1~3曲目まではダンサーと一緒にステージに上がり、ダンスをしながらの歌唱。

「Good Concersation」がバンドアレンジでCD音源とは少し雰囲気が変わっており、重低音が心地良くて「こんなにいい曲だったっけ!」っていう新発見。

「Friday」のダンスはやっぱり何度見てもかっこいい。ノリノリです。

うーん・・うろ覚えだけど去年のツアーのときと少しダンス変わってたかな?

この辺のMCで、清水翔太のライブはお客さんが一緒に歌う光景が当たり前になっているけれど、札幌はあんまり歌声が聞こえない!だけど、曲間の盛り上がる声が凄くて、その盛り上がりは1番だよ!的なことを言ってました。

たしかに歓声は結構凄かったです。

札幌の人たちはなかなかライブで会える機会が少ないから、一緒に歌うってよりはじっくりと翔太君の歌声を聴きたいっていう気持ちの人が多いんじゃないかな。

あとはライブ慣れしてる人が少なくて単純におとなしいってのもあるかもだけど。

そして、4曲目に入る瞬間のバンドアレンジのイントロ・・なんか聞き覚えある!!

これってライブアレンジのときの「You & I」じゃない??!なんて思ってたら、

はい、きたー!!!!

まさか今回のライブで大好きな「You & I」が聴けると思ってなかったので不意打ち過ぎて放心状態。

そして翔太君のインスタでも匂わせ更新があったので予想はしてたけど名曲「ナツノオワリ」。

あぁ、この曲を聴きたいがために毎年ライブに行ってるようなところもあります。

無事やってくれて良かったなぁ。(去年の札幌はたしかセットリストに入ってなくてサービスでちょっと歌ってくれたんじゃなかったっけ?うろ覚えだけど。。)

スクリーンにMVが流れながら「alone」。

SALUのパートは音源がそのまま流れます。翔太君はステージに座ってました。

歌って~なんて煽りながらの「Sorry」。スクリーンに流れてたネオンカラーの「Sorry」のピンクの文字が可愛かったなぁ。

歌詞がちょこっとうろ覚えでちゃんと歌えなくてごめんなさい。

最近の曲はダンサーと一緒に踊る曲が多いけど、久しぶりにピアノで聴かせる曲をやりたいと話があり、ステージにはグランドピアノが登場。

これから歌う曲はアーティスト(舞台に立つ側の人間)とファンとの関係性のことを歌にした曲です、と説明があり歌い始めます。

「わかった~ 君が~ 笑うと~」

まさかまさかの「Your Song!!!

大好きな曲ですが未だライブで聴けたことの無い歌でした。

アルバム「NATURALLY」の収録曲なのでもう結構前の曲だし、まさか歌ってくれるなんてびっくりでした。

続けて「君が暮らす街」

この曲は個人的に凄く思い入れがあって、なんだか聴きながらリリース当時のことを思い出したりしてちょっとうるってきたりしてたら、、、

2番のAメロで「そういえば君も 似たような服を~・・・」

ん?このフレーズさっきも歌ったよ?笑

歌詞間違えてますね??笑

何事も無かったかのようにめちゃめちゃ普通に歌ってる!!!

歌い終わったあと、本人も歌詞を間違えたことを自分で突っ込んでおり、おなじみの「はっはっはー」で爆笑されておりました。

この2曲に関する小ネタも披露。

どちらも製作のときに参考にした・意識して作った楽曲やアーティストが存在し、「Your Song」はミスチルっぽさ。

「君が暮らす街」はスキマスイッチの「奏」を意識して作ったとのこと。

まさかの「改札」というフレーズが被ってるけど、パクったわけでは無いよとのこと。

なんかこの辺でダンサーのfuneが登場して、翔太君の昔のださかったころのお話が始まります。

誰とも被りたくくてパーカーをズボン代わりに穿いていた、というエピソードは衝撃でした。

そして、次の曲もブルーノマーズ(なんていう楽曲か聞き取れなかった)の楽曲をイメージして作ったとのこと。

"彼女に楽曲をプレゼントする”シチュエーションの練習をしたいとのことで観客の女性を1人指名してステージに登壇されます。

この時点でなんとなく予想はつきましたが「花束のかわりにメロディーを」、素敵でした。

ピアノを弾いている翔太君の目の前で歌われた女性の姿に観客からは羨む声が。

なんか昔も「KISS」(だっけ?「Jelous」だったかな?)とかで観客をステージに上げたりしてましたねー。

そしてせっかくピアノがあるからいろんなカバーをやるので手を上げてリクエストをしてほしいとのこと。

たくさんの手が挙がるけど、翔太君の歌えない楽曲ばかりが挙がり、なかなか決まらず。

UVERworldの「君の好きなうた」やAAAの「さよならの前に」、ディズニーの

リメンバー・ミー」、ミスチルの「抱きしめたい」「くるみ」、EXILEの「運命のヒト」などなど・・。

どれも歌えないとのことで却下続き。

交友関係のあるAAAは歌えないとだめだよな的なことを言ってました。

EXILEは「金色の雨 降り注ぎ・・」っていう歌だけ歌えるよ、と口ずさんでましたがこれは「HEART OF GOLD」ですね。いい歌なので是非聴いてみたかったです。

無事歌ってくれたのは本人もカバーをしているHYの「Song for...」やTEEに提供した「片方の未来」、尾崎豊の「I LOVE YOU」など。

歌ったのはどれもワンフレーズのみですが、即席でコードやアレンジを整理してピアノを弾きながら歌えるのってめちゃくちゃかっこいいし凄いですよね。

そしてピアノコーナーが終わり、一旦翔太くんがはけて、バンドとダンサーのメンバー紹介~「ANIMAL」

「君が好き」から「My Boo」まではみんなで歌える楽曲も多く、盛り上がってました。

最後の「シンガーソングライターの唄」では再びピアノが登場。

デビューしてすぐの頃はスタッフから「HOMEみたい歌を書いて」と要求されていたことや、関係者から「楽曲に恵まれてないね」「提供してもらった楽曲を歌ったら?」などと言ったことを言われてとても悔しかったと。

それでも自分はシンガーソングライターとして自分で歌を書いて歌って届けるということをこだわってやっていきたいと、改めて本人の考えを話してくれて、そんな想いが詰まった「シンガーソングライターの唄」で本編が終了しました。

アンコールでは定番の「マダオワラナイ」、今回は無いのかな~?って思ってたら最後の最後に「Good Life」

サビはみんなで歌って盛り上がりました。

これにて終了です。

「Good Life」の後は一旦はけましたが翔太コールでダンサーと一緒に再び登場。

マイクを通さずに地声で一言挨拶をして終わる、という感じでした。

19時頃から始まり、終わったのはおそらく21時40分頃になりますかね。

途中のリクエストコーナーやダンサーfuneとのMCコーナーが盛り上がったこともあり、zepp公演にしては長丁場のライブとなりました。笑

ところどころ記憶が曖昧なところもあるので、少しずつ思い出しながら加筆や修正等していきます。

とりあえず覚えている内に覚えていることを書いておきました。

  • この記事を書いた人

senno

毎年RSRが大晦日。 しばらくフェスやライブハウスがお預けになるのでオンラインライブ参戦に本気だそうと思ってます。 普段はweb制作/webコンサルとかやってる人です。

-MUSIC, ライブレポ
-,

Copyright© フェス的。 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.