MUSIC ライブレポ

【マカロニえんぴつ】マカロックツアーvol.11〜いま会いに行くをする篇〜札幌公演カナモトホール【セットリスト&ライブレポート】

マカロニえんぴつの2021年春のライブツアーがいよいよスタート

2020年以降、ドラマやアニメやCMのタイアップ、音楽番組の出演などのメディア露出が一気に加速している人気バンド・マカロニえんぴつ。

コロナ禍によってライブ活動が制限されつつある昨今ですが、待望となる有観客のライブツアーが2021年4月よりスタートしました。

 

今回のライブツアーは何といっても記念すべきメジャーデビュー月に開始するツアーであること、バンド史上初のホール公演であること、昨年より少しライブ活動の規制が緩くなってきたことなど様々な状況下で開催されるライブツアーとなっています。

 

もともとマカロニえんぴつはインディーズバンドでありながらライブチケットが全く取れないバンドとして有名でしたが、メディア露出が増えたことによってチケットがさらに取りづらくなっている人気バンドです。

 

今回はそんなライブツアー全15公演の2公演目、4月15日(木)にカナモトホールで開催された札幌公演に参戦してきました!

筆者は2020年の頭頃からマカロニえんぴつ・通称:マカえんにハマり、本来であれば昨年2020年のライブツアーの5月に札幌moleにて開催される予定であった公演でマカえんのライブに初参戦する予定でした。

しかしそのツアーも延期→中止となってしまい、そのまま流れに流れて1年越しでやっと生のマカえんライブが無事初参戦となりました。

 

今回のライブのセットリストや、それぞれの楽曲の演奏やMCの様子などを覚えている限りでライブレポートを書いていこうと思いますので良かったら最後までご覧ください。

 

▼「そもそもマカロニえんぴつがどんなバンドなのかよく知らないよ!」っていう方向けにさくっと読めるバンド紹介記事を書きましたのでよかったらそちらも合わせてご覧ください〜!

 

【5分でわかる】マカロニえんぴつってどんなバンド?おすすめ人気曲は?【マカえん】

リンク 毎年おなじみ、人気音楽番組「バズリズム02」で年明け1発目の放送で発表される「これがバズるぞBEST10 2020」。 今年発表された同企画にて堂々6位にランクインしたロックバンド"マカロニえ ...

続きを見る

ライブツアースケジュール

さて、まずは先にご紹介した全15公演のスケジュールを確認して行きましょう。

ちなみに先日今ツアーの追加公演としてツアーファイナルの横浜アリーナ公演が1公演分追加となっていますのでそちらも合わせると全16公演となります。

マカロックツアーvol.11 〜いま会いに行くをする篇〜

4月10日(土) 東京都 J:COMホール八王子(オリンパスホール八王子) 開場 / 開演:16:00 / 17:00

4月15日(木) 北海道 カナモトホール 開場 / 開演:18:00 / 19:00

4月17日(土) 北海道 函館市民会館 大ホール 開場 / 開演:16:00 / 17:00

4月21日(水) 東京都 LINE CUBE SHIBUYA 開場 / 開演:17:30 / 18:30

4月24日(土) 愛知県 名古屋国際会議場センチュリーホール 開場 / 開演:16:00 / 17:00

4月25日(日) 石川県 本多の森ホール 開場 / 開演:16:00 / 17:00

4月29日(木) 静岡県 アクトシティ浜松 大ホール 開場 / 開演:16:00 / 17:00

5月2日(日) 広島県 広島上野学園ホール 開場 / 開演:16:00 / 17:00

5月3日(月) 福岡県 福岡サンパレス ホテル&ホール 開場 / 開演:16:00 / 17:00

5月7日(金) 宮城県 東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館) 開場 / 開演:18:00 / 19:00

5月10日(月)宮城県 宮城・仙台サンプラザホール 開場18:00/開演 19:00

5月9日(日) 岩手県 岩手県民会館 大ホール 開場 / 開演:16:00 / 17:00

5月13日(木) 大阪府 オリックス劇場 開場 / 開演:18:00 / 19:00

5月14日(金) 大阪府 オリックス劇場 開場 / 開演:18:00 / 19:00

5月16日(日) 愛媛県 松山市民会館 大ホール 開場 / 開演:16:00 / 17:00

5月23日(日) 神奈川県 横浜アリーナ 開場 / 開演:18:00 / 19:00

TICKET
全席指定 6,000円

 

チケットに関しては各プレイガイドへお問い合わせください!

ちなみに札幌公演は当日券が出てましたので現在チケットが取れていない!という方ももしかしたらまだ望みがあるかもしれません...!

 

マカロックツアーvol.11 札幌公演@カナモトホール セットリスト

この先はセットリストのネタバレがあります!

 

今後ツアーに参加予定の方、ネタバレを見たくないという方はご注意くださいますようお願いします!



 

《セットリスト》

1.生きるをする

2.遠心

3.眺めがいいね

4.溶けない

5.恋人ごっこ

6.STAY with ME

7.ボーイミーツワールド

8.春の嵐

9.mother

10.メレンゲ

11.零色

12.ルート16

13.ノンシュガー

14,ブルーベリー・ナイツ

15.カーペット夜想曲

16.ミスター・ブルースカイ

EN1.はしりがき

 

※うろ覚えな箇所もあり、万が一曲順に相違がありましたらツイッター等でこっそり教えてください!

こっそり直します・・!



 

マカロックツアーvol.11 札幌公演@カナモトホール

さてさて、ライブの興奮と記憶が鮮明なうちにツラーっと書いて行きたいと思います。

とは言え正直気起きが曖昧なところもあり、もし事実と異なる部分がありましたらそれはごめんなさい!

はっきり覚えていないことは書けないので多分大丈夫だと思いますが。。。

 

<入場前>

今回の札幌公演ですが、開場時間になりゲートから入場する際には「新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOA」のインストールが必須となっていました。

整列時よりスタッフのお兄さんがインストールするよう呼びかけていたので、自分もその場で急いでインストールしました。(wi-fi繋がらないところでアプリ落とすのは正直だるい笑)

実際に電子チケットを提示する前にアプリのトップ画面を確認されます。

 

※半年前にZepp Sapporoで参戦したフレデリックのライブではインストールが必要とかは言われなかったんですが、今回の主催会社のほうで徹底するようにされたんですかね。

 

また、現在では当たり前の風景となりましたが入場時には検温があります。

ピッ♪ってする非接触式の体温計ですね。

当然ながら当日熱がある方は入場が出来ないので体調万全にして参戦しましょう。

 

札幌の会場では入場してすぐにグッズ売り場がありました。

各公演の開場前には先行販売もあるので、そちらで購入された方が多かったためか開場後は全く並んでおらずスムーズに購入することが出来ましたが、一部のグッズは売り切れてしまっていました。。。

確実にお目当のグッズを手に入れたい方は事前販売を利用したほうがいいと思います。

グッズの購入にはpaypayが使用できました!
財布はカバンにしまったままでOKですしめちゃくちゃ便利ですね!

■ライブ会場ギャラリー
グッズ紹介

会場写真

会場写真

 

■ツアーグッズ一覧

 

<ホール入場>

私はメジャーデビューEP「愛を知らずに魔法は使えない」発売先行チケット予約で当選したチケットだったのですが、前から4列目という大変良いチケットでした。もともとステージとの距離が近めで、段差もしっかりある会場のためどの座席からも見やすいシートになっています。

 

今回の座席はソーシャルディスタンスになっておらず、隣の人との間隔が開いておらず普通に隣り合わせになっています。

また、開演までの間に会場内での会話も禁止されていなかったため友達やカップル同士で来たお客さんたちは普通の声のトーンで会話をしている状況でしたね。

正直これなら開演中に声を出さない意味ってあんまりないのでは・・・(震え声)

札幌ちょっと油断しすぎかもしれませんね。。

 

<ライブ本編>

さて、ライブ本編の状況についてです!

はっとりくんの力強いボーカルが個人的に大好きなので、どうしてもボーカルにフォーカスした間奏になっちゃってますが、どうぞご了承ください。

 

1.生きるをする
1曲目は何から始まるのか色々と予想していましたがなるほど「生きるをする」。

イントロなしの歌い出しでインパクトもありますし、記念すべきメジャーデビューを飾る始まりの1曲でもあるので、この曲から始まるのは納得ですね。

 

ただ、ここでも普通に歓声を上げたり、メンバーの名前を叫んだりしているオーディエンスが居て、一部ではありますがマナーを守れない方がいたのはちょっと残念ですね。

もちろん初めてマカえんを見る自分もめちゃくちゃ叫びたかったですし、気持ちはライブハウスのつもりで参戦してますのでお気持ちはめちゃくちゃわかりますけどもね〜〜。

 

2.遠心
うわっ!めっちゃ最高!!
個人的に大好きな曲なんですがこの曲はやっぱイントロがすごい好き。

演ると思ってなかったですしまさかの2曲目というのもちょっと意外・・?!

 

でも良く考えればアルバム「HOPE」の収録順も2曲目だったし、曲の流れ的には凄くしっくりきました!
間奏明けの「間違い探しに 疲れてしまったな 〜 」の歌詞ですがはっとりくん飛ばしちゃってたので実はかなり緊張してたのかな・・?

 

3.眺めがいいね
「遠心」終わりからたしか演奏が繋がってたんですが、何がくるかな〜ってどきどきしてたらまさかの「眺めがいいね」!

こちらも大好きな曲でして、人気曲とはいえど結構古い曲なので今回は選曲漏れするかな〜って思ってたから個人的にサプライズ!
めちゃくちゃ嬉しかったです。

 

この曲を歌ってるはっとりくん、いつも楽しそうでついつい一緒ににこにこしちゃいます。
ジャンプしてって煽りがあったのでこの瞬間からめちゃくちゃテンション上がっちゃって飛びまくってました。笑

 

-MC-
たしかここのMCで、今回のライブで喋っていいのはステージ側だけだよとはっとりくんから笑いながらのつっこみが。笑

札幌初めからすごいねってプラスの言葉で優しく注意してくれて、あぁ優しいバンド。

 

スポンサーリンク

4.溶けない
お、ここで来るか。
さっきまでの雰囲気とは変わり、ややしっとりな感じに。
一言一言はっきり歌ってくれるはっとりくんの歌声に耳を傾けて、歌詞を噛み締めながら聞き入ってました。

 

間奏明けからのテンポが早くなるところからはのりのりで体揺らして楽しんでましたよ〜。

 

5.恋人ごっこ
「ひい、ふう、みぃ、よ」
これが聞こえた瞬間、会場中から軽い悲鳴みたいのが聞こえましたね。笑

意外と複雑なメロディーの一つ一つにニュアンスをつけながら歌っているのを聴いて、あぁやっぱり歌上手いなこの人、なんて思いながら聴いていました。

 

6.STAY with ME
イントロ前にノイズ音が流れ出すのはライブではもうお馴染み!
今回のライブでもあの音が聞こえてきたので「きたきたきた」ってなってました。

この曲もイントロ聞くだけでワクワクなっちゃいますもんね。

 

メンバーのバックにある大きなスクリーンにはMVを意識したような万華鏡風な映像が流れてました。
一瞬MVを流すのかと思いましたが撮り下ろしの映像になっていましたね。

 

7.ボーイミーツワールド
「あ〜、これを1年待ってたんだな」ってしみじみ思いました。
本当はアルバム「HOPE」のリリースツアーでこの曲を堪能するはずだったんだよなって。

そんな気持ちも噛み締めて、去年の分も楽しみましたよ。

 

間奏のところは会場中で手拍子するのが楽しいし、声出せなくても盛り上がるポイントですね!

 

-MC-
座ってくださいと言われてMCの始まり。
メンバーのことよく知らないんでしょ?的に煽りのようなくだりから一人ひとりメンバー紹介をしていくことに。
でもここでおふざけが。

はっとりくんから各メンバーの名前が紹介されていきます。
まずはだいちゃんを指をさしながら、

「フジハラサトシです」笑

※髭ダンのピアノボーカルの人の名前です。

続いて自分のことを「ミヤモトヒロジです」

よっちゃんを「charのいとこ(って聞こえた気がする)です」「ムッシュかまやつです」

※宮本さんはエレカシのボーカル、charさんは僕の世代的にはRIZEのボーカルJESSEのお父さんです。

 

会場中がぽかーんとしてたので多分マカえんのファン層的にこのボケは全く伝わってなかったと思われます。笑

そして、その流れでけんやくんはそのまま普通にフルネームで紹介されてオチにされてましたね。笑

 

あと確か話変わって、よっちゃんがロウリュの熱風を送る人の資格?を持ってる的な話もしてたと思います。笑

 

8.春の嵐
会場中が座ってるということでここからはしっとり系の曲のコーナーが始まります。
まずは「春の嵐」から。

 

なんだか最近この曲やってるイメージありますね!
去年の豊洲でも演奏してたからかな?

 

季節的にもぴったりだし、ファンからも人気な曲なので聴けて嬉しかった人多いと思います。

 

9.mother
続いて「mother」へ。
「生きるをする」と同様、メジャーEPからの1曲ですが、実は今回のツアーの要となっている曲でもありますよね。

 

昨年、初めてMステや各音楽番組に出演した際にこの曲ばっかりを披露していて、正直他にもっとマカえんの良さがわかりやすい楽曲がたくさんあるのになんでこの曲ばっかりやるかな〜なんて思っていたのですが、いまとなってこの曲の良さをひしひしと実感しています。

 

歌詞の深さはもちろんですけど、アレンジが結構凝っていてある時から耳に残って離れなくなってきたんですよね。
いわゆるスルメソング的なやつだと思っています。

 

10.メレンゲ
初めて聴いた時からこれまでに無かった雰囲気の壮大さを感じてお気に入りの1曲でしたが、最近さらに大好きでハマっています。
たしかにしっとりしてるけれどこの曲は立って聴きたかった・・・!涙

 

多分会場中が同じことを思っていて、結構立とうとしていたお客さんも居たんだけど、全体的に座ったままなもんだからたつわけにもいかなくて「あ、この曲も座って聞くコーナーに含まれてんのね?!」ってなってました。

 

11.零色
今回の公演のセトリの中でもサプライズ的なレア曲として挙げられるのがこの曲ですよね!

イントロなった瞬間めっちゃ鳥肌立ちました!!

 

こんなマニアックな曲突然やるの?!

 

個人的にはアラームにしている曲でもあるので、この曲のイントロはすごい耳馴染みがある音で。笑

イントロのしっとりとは一転、結構しっかりとロックに展開していくサビの感じも好きです。

 

この曲やったのはやっぱりメンバー的にも「珍しいでしょ?」的な狙いがあったみたいです。

 

12.ルート16
声を出さなくても一緒に盛り上がれる曲ですと紹介されて始まったのがこの曲です。

一瞬、「どういうことだ?」ってなったんですが、そういえば間奏中に手拍子するとこありましたね!

 

色んなテンポで手拍子叩いたりして一体感が生まれていたので、今回の声が出せないツアーではこれも大事な盛り上がりポイントになりそうです。

 

13.ノンシュガー
きたきた!これもライブで盛り上がりそう!!

この曲といえばドラマ「あのコの夢を見たんです。」のオープニングテーマとして使われていた曲。

昨年11月に行われたタワレコ主催の1stEP発売記念配信ライブで初演奏された楽曲ですが、そこで聴いた時から絶対ライブで盛り上がるなって雰囲気があって、実際とても楽しかったです!

 

14.ブルーベリー・ナイツ
やっぱり初めてのマカえんのライブでは聴いておきたい楽曲の1つでした。

無事聴けた一安心。

この1年間で死ぬほど聴いて、死ぬほど歌ったので体に染み付いていたこともあり、あまり深く考えずに楽しみながら聴きました。

この曲のだいちゃんのイントロを生で聴けただけでなんか幸せな気持ちになれましたね。

 

15.カーペット夜想曲
え?一回「ブルーベリー・ナイツ」挟んだの何だったんだ?!

「ノンシュガー」からこの曲の方が良くない?って勝手に心の中で突っ込んでました。

 

多分演るだろうなと思っていたので、聞けるのを楽しみにしていた曲でした。

はっとりくんの歌い方がバラエティーに富んでいたり、耳に残る楽しいメロディーなのできっと盛り上がるだろうなって思っていたのですが、意外とこの曲はノリ方が難しいかもしれません。笑

 

バンドとしても演奏回数がまだ少ない楽曲ですし、お客さんも生で聞くのが初めてなのでノリ方がわからないうちに曲が終わってしまった印象です。

きっと演奏回数を重ねていくうちにライブで盛り上がる楽曲になっていくんじゃないでしょうか。

 

ちなみにAメロのはっとりくんの歌い方ですが、CDみたいに野太くふざけた(失礼)歌い方ではなく、普通のトーンで歌っていました。

 

16.ミスター・ブルースカイ
ラストの曲です。

この曲をやるのは予想外ですがたしかにラストにぴったりな1曲で、聴けて良かったです。

ステージが青白い照明で青空をイメージした明るい空間に包まれていて、素敵な空間に包まれていました。

コロナ禍の何かと暗くなりがちなご時世ですが、きっといつかはちゃんと終わりが来て青空みたいに晴れてくれる、そんな希望を感じさせてくれるラストでした。

 

ENでメンバーがステージに戻ってきてからは今回のツアーのグッズ紹介がありました。

「生きるをする」に掛けた名前のグッズが多数あり、シュールで楽しかったです。

 

誰だったかな?クリアポーチの紹介の時に、誰かが昔お母さんが家計簿入れるのにつかっていたポーチに似てるとか言い出して爆笑でした。

その発言のせいでライブ後に売れなくなったというツッコミも飛び出して最高。笑

 

スポンサーリンク

EN.はしりがき
最後に1曲やりますと言って演奏したのが新曲「はしりがき」。

クレヨンしんちゃんの最新映画の主題歌になっている楽曲ですが、それを抜きにしても素晴らしい映画だから見て欲しいと熱い紹介がありました。

たしかに先日のはっとりくんのインスタライブでも、これまでに見たクレヨンしんちゃんの1番面白かった作品を塗り替えたと言ってたしね!

 

あんまりあらすじをよく把握してませんでしたが、しんちゃんたちが小学校に体験入学するお話らしく、しんちゃんと風間くんの友情だったりも描かれているらしいです。

 

メンバーたちは試写会で一足先に鑑賞されたそうですが、はっとりくんの隣で普段映画で泣かないよっちゃんがすすり泣きをしていたと。

なんだかそれを聞いてちょっと久しぶりにしんちゃんの映画を見たくなっちゃいました。

 

はっとりくんの宣伝がうまいのよね〜。

 

今回のツアーで初披露の「はしりがき」ももちろん最高でした!

リリースされたばかりということもあり、まだまだこれから聴き込みまくっていきたい1曲です!

 

 

そんな感じでライブが終了。

たしかですが7時5分くらいからスタートし、21時頃に終演していたので約2時間の公演だったと思います。

 

セットリストは1stEPの収録曲を中心に新旧混ぜた楽曲で構成されていて、大満足の内容でした。

欲を言えばマカえんにハマるきっかけになった「ヤングアダルト」はどうしても聴きたかったな〜っていうのと、定番の「レモンパイ」「ワンドリンク別」「悲しみロック」あたりなんかも聴きたかったなー!!っていう感じです。

 

でも、それはまたの楽しみにしておくことにしましょう。

 

 

今回のライブで初披露された楽曲「はしりがき」のMVがライブ終演の1時間に解禁となりました。

これからツアーに参戦する方は是非メジャー1stシングル「はしりがき」を購入し、MVもたくさん観て、ライブをいっぱい楽しんでくださいね!

 

拙い文章ですが、最後までみていただきありがとうございました!

たくさんの方に観てもらえたら嬉しいので、良かったら下記のツイートをいいね、リツイートしていただけたら大変励みになります!!
これから参戦予定の方や札幌公演に参戦された方のご感想やご意見ももらえたら嬉しいですし、仲良くしてくれる方も随時募集中です!笑
よろしくお願いします!

 

メジャー1stシングル「はしりがき」のMVが公開開始

 


  • この記事を書いた人

senno

毎年RSRが大晦日。 しばらくフェスやライブハウスがお預けになるのでオンラインライブ参戦に本気だそうと思ってます。 普段はweb制作/webコンサルとかやってる人です。

-MUSIC, ライブレポ

Copyright© フェス的。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.